教授挨拶

2020年5月、新型コロナウイルス(Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus-2:SARS-CoV-2)が感染拡大し、社会活動の自粛が行われている時に病原微生物学教室に着任いたしました福原崇介と申します。大阪から引っ越して着任前に新居で待機してからの初出勤になりました。「ウイルスを専門とする自分が、ウイルス感染症に振り回される」、どこか因果なものを感じました。

新興再興ウイルス感染症はSARS-CoV、エボラウイルスやジカウイルスなど定期的に混乱を引き起こしてきましたが、今回のCOVID-19は世界的に大混乱を引き起こし、新興再興感染症の真の恐ろしさを見せつけられました。イメージとして、より致死率が高いウイルスほど恐いという印象がありましたが、感染拡大の制御という観点では全く異なることが明らかになりました。改めて、ウイルスを専門とする私たちが基礎研究者としてできることを考え、成果を還元していかなければならないと思っています。

 栄養などの条件さえ整えば増えることができる細菌と異なり、ウイルスは細胞の中でしか増殖できない病原体です。ウイルスゲノムサイズは他の病原体より小さく、自身で持つウイルスタンパク質も少ないため、細胞内で自身を増幅するために複数の宿主因子を利用しています。ヒトには20000個以上のタンパク質が存在する一方で、ウイルスは2つしかウイルスタンパク質を持たないものもあります。このような病原体が細胞の中で効率的に増殖できることは不思議ですし、ウイルス研究の面白さはここにあると私は思っています。また、ウイルスは多様であるという点も興味深い点です。肝炎ウイルスやヒト免疫不全ウイルス(HIV)のように慢性感染することによって、ゆっくりと病原性を示すものもあれば、インフルエンザウイルスやSARS-CoVのように急速に感染細胞を破壊し、強く免疫応答を誘導するウイルスもあります。このようにウイルスは一つ一つ、どのように細胞の中で増殖するのかという点で大きく多様です。しかも、増殖の過程でどんどん変異を蓄積し、性状を変えていき、種指向性や臓器指向性を変えていきます。今回の新型コロナウイルスも世界的な感染拡大の中で、様々な変異を蓄積し、増殖性や病原性が変化している可能性も示唆されています。私たちウイルス研究者は新興ウイルスの出現にいち早く対応し、刻一刻と変化するウイルスに合わせてこちらも適応し、感染制御に貢献しうる研究を推進することが使命だと考えています。

 ウイルス研究者には興味はあるが、一歩を踏み出せないという方はいませんか?私たちは学部学生、修士学生、博士学生、ポスドクを募集しています。基礎研究は成果が簡単に得られるものではなく、きつい世界ですが、だからこそ新しい現象を見出したり、新しい技術を開発したりすることは途轍もない喜びになります。北の大地から、ウイルスの面白い研究成果を得て、感動を一緒に分かち合いましょう。

2020年11月 福原崇介

略歴

1998年3月 福岡県私立明治学園高等学校 卒業    

2004年3月 九州大学医学部医学科 卒業

2004年4月 九州大学病院 臨床研修医

2005年5月 佐賀県立病院好生館 臨床研修医

2010年4月 大阪大学微生物病研究所分子ウイルス分野 特任研究員

2010年3月 九州大学大学院医学研究科 修了

2010年4月 日本学術振興会特別研究員 PD

2011年7月 大阪大学微生物病研究所分子ウイルス分野 助教

2017年12月 大阪大学微生物病研究所分子ウイルス分野 准教授

2020年5月 北海道大学 大学院医学研究院微生物部門免疫学分野 教授

北海道大学研究者総覧による紹介はこちら。

https://researchers.general.hokudai.ac.jp/profile/ja.570a5c8d353100ac520e17560c007669.html

Researchmapによる紹介はこちら。

https://researchmap.jp/fukuhara-takasuke

主な業績

14.  Torii S, Ono C, Suzuki R, Morioka Y, Anzai I, Fauzyah Y, Maeda Y, Kamitani W, Fukuhara T (Corresponding author) and Matsuura Y. A novel reverse genetics system for SARS-CoV-2 by using circular polymerase extension reaction. BioRxiv. Doi: https://doi.org/10.1101/2020.09.23.309849, 2020

13.  Ono C, Fukuhara T (Corresponding author), Li S, Wang J, Sato A, Izumi T, Fauzyah Y, Yamamoto T, Morioka Y, Dokholyan NV, Standley DM and Matsuura Y. Various miRNAs compemsate the role of miR-122 on HCV replication. PLoS Pathog. 16(6): e1008308, 2020

12.  Tamura T, Igarashi M, Enkhbold B, Suzuki T, Okamatsu M, Ono C, Mori H, Izumi T, Sato A, Fauzyah Y, Okamoto T, Sakoda Y, Fukuhara T (Corresponding author) and Matsuura Y. In vivo dynamics of reporter Flaviviridae viruses. J Virol. 93(22): e01191-19, 2019

11.  Mori H, Fukuhara T (Corresponding author), Ono C, Tamura T, Sato A, Fauzyah Y, Wada M, Okamoto T, Noda T, Yoshimori T and Matsuura Y. (2018) Induction of selective autophagy in cells replicating hepatitis C virus genome. J Gen Virol. 99(12): 1643-57, 2018

10.  Tamura T, Fukuhara T (Corresponding author), Uchida T, Ono C, Mori H, Sato A, Fauzyah Y, Okamoto T, Kurosu T, Setoh YX, Imamura M, Tautz N, Sakoda Y, Khromykh AA, Chayama K and Matsuura Y. Characterization of recombinant Flaviviridae viruses possessing a small reporter tag. J Virol. 92(2): e01582-17, 2018

9.  Kurihara T, Fukuhara T (Corresponding author), Ono C, Yamamoto S, Uemura K, Okamoto T, Sugiyama M, Motooka D, Nakamura S, Ikawa M, Mizokami M, Maehara Y and Matsuura Y. Suppression of HBV replication by the expression of nickase- and nuclease dead-Cas9. Sci Rep. 7(1): 6122, 2017

8.  Fukuhara T, Tamura T, Ono C, Shiokawa M, Mori H, Uemura K, Yamamoto S, Kurihara T, Okamoto T, Suzuki R, Yoshii K, Kurosu T, Igarashi M, Aoki H, Sakoda Y and Matsuura Y. Host-derived apolipoproteins play comparable roles with viral secretory proteins Erns and NS1 in the infectious particle formation of Flaviviridae. PLoS Pathog. 13(6): e1006475, 2017

7.  Ono C, Fukuhara T (Equally first author), Motooka D, Nakamura S, Okuzaki D, Yamamoto S, Tamura T, Mori H, Sato A, Uemura K, Fauzyah Y, Kurihara T, Suda T, Nishio A, Hmwe SS, Okamoto T, Tatsumi T, Takehara T, Chayama K, Wakita T, Koike K and Matsuura Y. Characterization of miR-122-independent propagation of HCV. PLoS Pathog. 13(5): e1006374, 2017

6.  Yamamoto S, Fukuhara T (Equally first author), Ono C, Uemura K, Kawachi Y, Shiokawa M, Mori H, Wada M, Shima R, Okamoto T, Hiraga N, Suzuki R, Chayama K, Wakita T and Matsuura Y. Lipoprotein Receptors Redundantly Participate in Entry of Hepatitis C Virus. PLoS Pathog. 12(5): e1005610, 2016

5.  Fukuhara T, Ono C, Puig-Basagoiti F and Matsuura Y. Roles of Lipoproteins and Apolipoproteins in Particle Formation of Hepatitis C Virus. Trends Microbiol. 23(10): 618-29, 2015

4.  Fukuhara T, Wada M, Nakamura S, Ono C, Shiokawa M, Yamamoto S, Motomura T, Okamoto T, Okuzaki D, Yamamoto M, Saito I, Wakita T, Koike K and Matsuura Y. Amphipathic a-helices in apolipoproteins are crucial to the formation of infectious hepatitis C virus particles. PLoS Pathog. 10(12): e1004534, 2014

3.  Fukuhara T, Kambara H, Shiokawa M, Ono C, Katoh H, Morita E, Okuzaki D, Maehara Y, Koike K and Matsuura Y. Expression of microRNA miR-122 facilitates an efficient replication in nonhepatic cells upon infection with hepatitis C virus. J Virol. 86(15): 7918-33, 2012

2.  Fukuhara T, Taketomi A, Motomura T, Okano S, Ninomiya A, Abe T, Uchiyama H, Soejima Y, Shirabe K, Matsuura Y and Maehara Y. Variants in IL28B in liver recipients and donors correlate with response to peg-interferon and ribavirin therapy for recurrent hepatitis C. Gastroenterology. 139(5): 1577-85, 2010

1.  Fukuhara T (Corresponding author), Taketomi A, Okano S, Ikegami T, Soejima Y, Shirabe K and Maehara Y. Mutations in hepatitis C virus genotype 1b and the sensitivity of interferon-ribavirin therapy after liver transplantation. J Hepatol. 52(5): 672-80, 2010